美肌に欠かせない「セラミド」って?

冬も乾燥で気が抜けない日々が続きますが、この春先も乾燥に結構悩まされることってありませんか〜〜?私の暮らしている北海道はまだまだストーブをつけていますし、外の風は強いし・・(^^;;
女子はなかなか気の抜ける時ってありませんね(笑)。大変です。(^^;;

そんな美肌の大敵である「乾燥」からお肌を守ってくれるのが「セラミド」の存在!!「セラミド」ってワード、よく目にしますがそもそも一体何??ってことで、本日は「セラミド」の秘密に迫りたいと思います♪♪^^

「セラミド」って??

ポイント羽水分を保持する「保湿力」はピカイチ!

肌にある保湿成分の中でも「セラミド」が一番すごい!って言えるほど、「セラミド」の保湿力は他の保湿成分と比べ物にならないほど高いのだとか。

「セラミド」のルーツって太古の昔、海の中にいた生物が陸上で生活する進化を遂げた時に、体を乾燥から守る為に肌の中に生まれたそうなんです。何だかすごいですよね。生物って必要なものはちゃんと生まれるようになっているんですね。その乾燥から肌を守ってくれる「セラミド」はなんと!気温マイナス20℃、湿度0%まで下がっても肌を守ってくれると言われているそうです。

その「セラミド」は肌のどの部分にあるかと言うと、肌の最も外側にある「角層」にあるんです!

あなどるなかれ!「セラミド」のパワー!

ポイント羽水分保持力には脱帽!

「セラミド」は細胞にある水分をしっかり抱え込んで逃しません!またお肌の油分までもしっかり保持してくれます♪

ポイント羽トラブルからお肌を守ってくれる!

角層に「セラミド」が満たされしっかり水分を保持していると紫外線、ほこり、花粉などの外部刺激に強くなります。「セラミド」で満たされているお肌はお肌のバリア機能もバッチリ!とうわけなんです。^^

春になると花粉症に悩まされる方も多いかと思うのですが、花粉によってお肌の炎症も起こるらしんですね。やっぱりそんな時はお肌の保湿がカギのようですよ♪♪

ポイント羽弾力のあるお肌へ!

「セラミド」は細胞と細胞の間に存在し、細胞同士をつなぐ役割があるとのこと。その働きによって弾力のあるもっちりとしたお肌へ導いてくれます!!

カギとなるのは「ラメラ構造」!!

ん???「ラメラ構造」って??何??って思いますねよね。^^

ポイント羽「セラミド」と「ラメラ構造」には密接な関係が!

「角層」において潤いのキーポイントは「ラメラ構造」と言われもの。この「ラメラ構造」というのは水分や油分が層にになっている構造のことなんですね。そしてこの「ラメラ構造」の大部分を占めているのが「セラミド」というわけで、保湿力やバリア力を高めてくれています!

「セラミド」が不足して「ラメラ構造」が乱れるとどうなるの?

ポイント羽細胞がダメージを受けてお肌が乾燥しやすくなります!

「セラミド」が減ると、隙間なく並んでいた油層や水層が崩れ始めて「ラメラ構造」が乱れてきます。乱れてくるとその乱れた隙間からどんどん水分が逃げていき、お肌がカサカサと乾燥していき外部からの刺激を受けやすいお肌になってしまいます。(^^;;

「セラミド」で満たされている「ラメラ構造」が整った肌って?

ポイント羽水分で満たされてキメが整ってハリをキープ!

「ラメラ構造」には細胞をつなぐ役割があるため「セラミド」で満たされているお肌は、油層と水層が隙間なく並んで外部刺激からお肌を守ってくれます。しかもお肌のキメとハリを保ってくれるんです!

最後に

いかがでしたでしょうか〜〜?

「セラミド」って今までは何となく漠然とわかっていたつもりでしたが、改めていろいろ調べてみると、美肌を保つのに本当に大切な成分何だな〜〜って心の底から思いました!!これは是非とも「セラミド」を味方につけたいものですよね。^^

「セラミド」が何なのかわかったところで、次回はどうすれば良い状態で「セラミド」を保てるか調べてみたいと思います♪^^本日はこのあたりで〜〜〜〜♪♪

最後までお読み頂きましたありがとうございました。

↓↓ランキングに参加しています。応援して頂けたら嬉しく思います。^^
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*私のお気に入りです*




おすすめ記事

*instagram*

ページ上部へ戻る