「BEAUTY MALL」の「ビタミンC誘導体化粧水 APPS+E(TPNa)+アルファ」は「Peelローション」とのW使いでお肌の透明感が全然違いマス!

「BEAUTY MALL」の「ビタミンC誘導体化粧水 APPS+E(TPNa)+アルファ」は「Peelローション」とのW使いでお肌の透明感が全然違いマス!

ビタミンC誘導体化粧水

どこまでいってもお肌の透明感に対する強い憧れは尽きないもので〜〜。^^
今回ご紹介する「BEAUTY MALL」さんの「ビタミンC誘導体化粧水 APPS+E(TPNa)+アルファ」も本当に良くって、さらに「Pellローション」とのW使いで私の透明感願望を満たしてくれる素敵なものでした〜〜!
ピールローション
(「Peelローション」のレビューはこちらです。^^)


>>>ビタミンC誘導体化粧水 APPS+E(TPNa)+アルファ
>>>Peel ローション


★「ビタミンC誘導体化粧水 APPS+E(TPNa)+アルファ」って?★
ビタミンC誘導体化粧水
[主成分]
●パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na/APPS
●トコフェルリン酸ナトリウム/水溶性ビタミンE誘導体(TPNa)
●ヒアルロン酸クロスポリマーNa/3Dヒアルロン酸
●ヒアルロン酸Na/保湿
●リン酸アスコルビルMg/水溶性ビタミンC誘導体
●テトラヘキシルデカン酸アスコルビル/油溶性ビタミンC誘導体
●リピジュア/保湿成分

イオン導入可能な無添加。


[お肌に優しいポイント]
●石油系界面活性剤不使用
●ノンパラベン
●ノンアルコール
●フェノキシエタノール不使用
●無鉱物油
●合成香料不使用
●合成着色料不使用(タール色素)



★「ビタミンC誘導体化粧水 APPS+E(TPNa)+アルファ」のすごいところ!
特筆すべきは話題の高浸透型次世代型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)を配合しているところなんです!
この高浸透型次世代型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)って何かな〜?って思いますよね。^^
これ、すごいんですよ。


簡単に言うと、通常ビタミンCは不安定ですぐに酸化されてしまい、お肌に塗っても効果を発揮しないところ、新型ビタミンC誘導体APPSは従来のビタミンCをはるかに上回る形で皮膚に吸収されるとのこと!
つまりはイオン導入でしか届かないと言われていたお肌の奥まで外用塗布のみで到達してしまうんです!
さらに、新型ビタミンC誘導体APPSの最大の特徴はシワに働きかけてくれることで、特に小ジワには効果大らしいのです。
新型ビタミンC誘導体APPSは、肌本来が持つ保湿能力を引き出してくれることも、嬉しいポイントなんです!^^


その他にも有効成分が配合されています〜♪


★実際に使ってみました!★
ビタミンC誘導体化粧水
ちょっと手に出してみますね!
ビタミンC誘導体化粧水
こんな感じです〜。
透明なサラッとしたローションになっています!
腕にもつけてみますね!
ビタミンC誘導体化粧水
伸ばしてみます〜。
ビタミンC誘導体化粧水
さらに馴染ませてみると〜。
ビタミンC誘導体化粧水
肌馴染みが良くお肌への浸透はすごく良いように思います。


実際に顔の肌につけた時もその浸透の良さは同じで、つけた後のお肌はとってもしっとりしています。
「3Dヒアルロン酸」を配合してくれているからか、長時間しっかりとお肌の内側から潤っている感じがありますよ〜!^^
香りはほとんど感じませんでした。


そしてやっぱり使い方としてのおススメは、「Pellローション」とのW使いです。
古い角質をやさしく取り除いてくれる「Pellローション」で先に拭き取ってから、「ビタミンC誘導体化粧水 APPS+E(TPNa)+アルファ」をつけるのですが、とにかく翌朝のお肌の輝きが違うと思うんです!!
お肌の奥から潤っているからか、肌のトーンが上がって、私の大好きな透明感が出ているように感じます!!
この感じは透明感に憧れる私も、とっても満足しましたよ♪^^
使用感も、ピリピリ感とかも全然なく快適に使えました♡


ただ一つだけ言えば、もう少し量が入っていたらな〜〜って思いました。
100mlなので、じゃばじゃば使うとすぐなくなってしまいます。(笑)
でもそれだけ、効果的なものなんでしょうね。^^
気になる方はチェックしてみて下さいね!


詳しくは>>>ビタミンC誘導体化粧水 APPS+E(TPNa)+アルファをご覧下さい〜。
詳しくは>>>Peel ローションをご覧下さいませ〜。


最後までお読み頂いてありがとうございました。^^


↓↓ランキングに参加しています。応援して頂けたら嬉しく思います。^^
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*私のお気に入りです*




おすすめ記事

ページ上部へ戻る